山県神社は、江戸中期の大学者「山県大弐」をお祀りする山梨県の神社です。厄除け、合格祈願、交通安全、お宮参り、七五三など各種ご祈願・お祓いを承っております。
  • 学問の神様 山縣神社
  • 学問の神様 山縣神社


—————————————————————————————————————–
■カレンダー
2017.6 日が最も長くなる6月は新しいことを始めるのに最適な月です。神前で決意表明をしてみましょう。
2017.5 新緑の気を浴びに神社を散歩してみては。
—————————————————————————————————————–

 

【ご報告1】
平成29年6月1日、昨秋に必勝祈願を行った竜電関が勝ち越しの報告に神社を訪れてくれました。
先日の5月場所はあと一歩で優勝という成績を残し、さらなる高みを目指して頑張っている竜電関。
心より必勝を祈念しております。

(後日ページ下段に写真を掲載いたします。しばらくお待ちください)

【ご報告2】
山縣神社の本殿・拝殿・手水舎・鳥居が国の有形文化財(建造物)として

平成28年8月1日(月)に文化財登録原簿に登録されました。

日頃支えて下さっている関係者の皆様・地域の皆様の御尽力の賜物と心より御礼申し上げます。

 

■イベント写真館

「竜電・必勝祈願」
去る平成28年10月27日、十両に返り咲いた「竜電」関の必勝祈願祭を斎行。
先日の11月場所で見事初の十両勝ち越しを決められました。
竜電必勝祈願1

竜電必勝祈願2

竜電必勝祈願3

ご関係の皆様におかれましては誠におめでとうございました。

 

 

「秋の例大祭、大弐学問祭、古村区ふるさと祭り」
例年9/22、9/23(秋分の日)に当神社の例大祭、市の大弐学問祭り、古村区ふるさと祭りが
盛大に執り行われます。

神輿渡御
学問成就を祈願した壮大な神輿の渡御

御神楽
伝統ある御神楽の奉納

仮装行列
御祭神である山縣大弐先生の仮装行列

出店
区民、市民が一体となってとても賑やかかな楽しいお祭り。
皆様の1年の無事を祈念します。

 

「山梨県立美術館・文学館 七夕の短冊奉納」
山梨県立美術館・文学館で催される七夕ワークショップの短冊奉納が毎年7月に斎行されます。

七夕短冊奉納
皆さんの願いが叶いますように。心を込めて祈願いたします。

山梨県立美術館 http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/
山梨県立文学館 http://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/

 

「信玄公祭り」
山梨県最大のイベントのひとつ「信玄公祭り」。甲斐市軍団の出陣式が行われます。

信玄公祭り 出陣式
地元の皆様を中心に多くの方が見守るなか、無事甲府へと出陣。

信玄公祭り_記念撮影
御武運お祈りしております。

 

「節分」
立春を翌日に控えた2/3は節分です。日本には新しい節気に向けて厄を落とすため、福を呼び込むために
豆まきをしたり巻き寿司を食べるなどの習慣があります。

恵方巻き
神社の近くに開店された「そば茶屋 竜王店」さんから恵方巻きの御奉納がありました。
神前に供えさせていただき、皆さまの健康を祈願させて頂きました。

そば茶屋 竜王店
URL  http://www.watanabeseimen.co.jp/shop/ryuou/

 

「新しい年を迎える準備」
師走は神社も新しい年を迎える準備で大忙しです。

落ち葉
落ち葉掃除
しめ縄
注連縄づくり

やはたいぬ
市のマスコットキャラクターやはたいぬ君の参拝

皆さまに良い年が訪れますように。

「社会科見学」
地域の遺産として、地元の小学生の社会科見学の定番コースになっています。

講和を聞く小学生
将来を担う子供たち。みんな真剣な眼差しで、頼もしい限りです。

御祭神である「山縣大弐」は江戸時代の中期に活躍した大学者です。
 
儒学、医学から兵学にいたるまであらゆる学問を修め、一身を犠牲にし大衆に福祉をもたらしました。
 
「柳子新論」など数々の書物を残し、後に吉田松陰らに影響を与え倒幕に踏み切らせたとも言われております。

PAGETOP
Copyright © 山縣神社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.